読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はははダイアリー

歯科恐怖症×先天性永久歯欠如

無料カウンセリング

矯正

予約の30分くらい前からお腹痛くなりながら(笑)
10分前に到着した…



受付のお姉さんは
このクリニックでブログを連載してる矯正中の女性だった。カワイイ。





そんで座ったらいきなり

おしぼりでてきた(笑)(笑)


問診票を適当に書いて
待つ。

待合室にいる人、お茶出されてるし(笑)
「上着お預かりしましょうか?」って聞かれてるし(笑)


下調べしてて何となく察してはいたけど
ここはカフェかな美容室かな状態w


きょろきょろ観察しまくる。



呼ばれて
必要なのかよくわからない耳栓して
CT撮って

口内の写真を撮って
顔面の写真撮って

いざカウンセリング〜〜

はじめは、ドクターじゃなくて
ホスピタリティーという役職?の女性だった。



ホームページを穴があくほど熟読した私にしたら
知ってる情報ばっかり。

でも愛想良くペコペコ相槌を打ちながら聞く。


✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎



上が裏側で
下が表側

もしくは

上下裏側

の矯正しか出来ない


とか


どんな症例を治してきたか


とか


インプラント矯正のここがすごい!


とか


治療を終えた患者様の声


とか…


✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎✂︎


はいはい。すごい!すごいですね!!!!!

って感じ(笑)




しかし…

すんげえ自信だな!

というのが終始思っていたこと(笑)


歯医者さんが本気で怖すぎることとか
(今年の3月、数年ぶりに歯医者さん行って怖すぎて周り見えなくなって両足から派手に転んだことも)
今まで先天性永久歯欠損の治療から逃げてきたこととかも
へらへらとお伝えしました。
優しくしてね!マジで怖い!って言わなくても伝わるように(笑)






終盤で院長先生が来て
CTとか写真を見ながら詳しく説明してくれた。

難しかったけど多分言いたいことは

「安心してください、綺麗に直してあげる」


ってことだと思う。←

他の矯正歯科でありがちな失敗例の写真をチラチラ挟んでは

こうはしませんよ!

って感じで。


あとはねえ

ちょっと院長先生の顔が胡散臭いような気がした。(失礼すぎ)

しゃべるとき、目を見ようと気をつけてるんだろうけど
私の口元に視線が下りていた。
職業病ですね。


そんな院長先生はさらにマァーーー自信満々ww

装置で国内の特許を取った話

アメリカとヨーロッパの特許も取ったと。

「日本から海外の特許取るの難しいんですよ」

だって。

「ホォー スゴイデスネ」

と笑顔で言っておきました。うへぇ




とかなんとか
いろいろ性格悪いこと思いながらも
性格上ちゃんとお話を聞いちゃうので

聞こうと思ってたことを数個忘れたのが
ちょっぴり後悔。


また今度聞こう。
メモを持っておこう。




治療の流れとか
見積書を見ながら
再びホスピタリティーの人が説明をしてくれた。






ググりまくった結果選んだ病院だから
もうここでいいと思ってカウンセリングを申し込んだし

とにかく早く終わらせるために
早く治療を開始したいという一心で(笑)




詳しい検査と
診断結果解説?の予約も取ってもらった。


カウンセリングの予約が3週間後くらいしか取れなかったから
来月だなきっと。
って覚悟していたら

まさかの来週www

ラッキー。
善は急げ。
(今まで何年も逃げてきたくせに)




社会人じゃないから
検査結果の説明と契約は母と一緒に来た方が良いみたい。

だけど
私のライブ行く予定とかお出かけの予定と
母の仕事の予定が
曜日的に全く合わず…

でも、でも
「今まで散々治療から逃げてきたくせになに言ってんだって感じですけど、就活の時期とかもあるのでできるだけ早く進めたいんです。」
っていう私の希望を尊重してくれて

なんとか予約を取ってくれたー!

母は「ちょっと予定調整してみる」らしい。










って感じの約2時間でした。


家ついたら今日言われたこと
母に説明しなきゃー。


喧嘩しませんように(笑)